法人の概要・越路さくら

心・理念・方針・倫理

緑寿会の心 敬愛信

人をうやまい謹んで事にあたること
親子兄弟のようにすべて生あるものいつくしみ合うこと
うそ偽りなく誠実であること

越路さくらの基本理念

  1. 地域社会への貢献
    越路さくらの使命は、地域社会と連携して、高齢者などの生活を支援すること及びボランティア・研修・防災・交流などを通して、地域社会に貢献することであります。
  2. 人権尊重のサービスの提供
    越路さくらのサービスは、利用者のプライバシーを守り、意向・価値観・生活習慣に基づき、健康状態に応じた自立支援に役立つ人権尊重のサービスを提供することであります。
  3. 職員の人格と能力の向上
    越路さくらの職員が、職務に精励することにより、緑寿会の心の養成と知識・技術の習得を図り、高齢者介護・地域福祉従事者及び社会人として、人格と能力を向上することであります。

越路さくらのサービスの基本方針

  1. 信頼関係
    利用者及び家族の皆様と意思疎通をよく図り、関係する人々及び関係機関と信頼関係を築くことを目指します。
  2. 人権尊重
    利用者のプライバシーを守り、意向・価値観・生活習慣に基づき、健康状態に応じた自立支援に役立つ人権尊重のサービスを提供することを目指します。
  3. ケアプラン
    ケアプランに沿ったサービスを実践し、ケアプランマネジメントを通して、利用者サービスの改善と向上を目指します。

越路さくらの倫理綱領

越路さくら職員は、職務精励、能力向上並びに連携協力、さらには、職場規則、法令、社会規範を遵守することにより、地域社会への貢献を果たし、利用者の皆様に人権尊重のサービスを提供します。私たちはこの決意を確認し、実践するためここに「越路さくらの倫理綱領」を定めます。

  1. 地域社会への貢献
    越路さくら職員は、越路さくらの使命が地域社会と連携して、人権尊重のサービスを提供することによる高齢者の生活の支援をすること、及び、ボランティア・交流・研修・防災などを通して、地域社会への貢献をすることであることを自覚し、越路さくらの使命を遂行します。
  2. 人権尊重のサービスの提供
    越路さくら職員は、利用者の皆様に対して、プライバシーを守り、本人及び家族との意思疎通を図ることにより、意向・価値観・生活習慣に基づく、健康状態に応じた自立支援に役立つ人権尊重のサービスを提供します。
  3. 職員の人格と能力の向上
    越路さくら職員は、緑寿会の心を養成し、職場規則、法令、社会規範を遵守し、高齢者介護・地域福祉従事者として自ら知識・技術の習得及び創意・工夫を図り、職務精励、連携協力により、各自の人格と能力を向上します。